最良の時期にニシンを漁獲

ニシンは遠海魚であり、回遊しながら一生を過ごします。特定の餌と産卵場を求めて、年間を通じて移動しています‐ 成長するために新たな水域にも移動します。従って、いつ、どこでニシンを獲るかで、味に大きな違いが出るのです。群れがノルウェーの沿岸を通る頃になると、魚体は大きく、脂が乗り、旨みも豊かになっていて、この状態を最良の漁獲時期と呼んでいます。

どこにいるかを知っていること

ニシンが最も美味しいのは、脂肪分が最高の時です。脂肪分は年間で10%から25%まで変化しますから、正しい時に正しい場所で漁獲するのがとても重要なのです。またどのタイプのニシンを探しているかによって、場所も時期も異なります。

北海ニシンは8月から1月の間にドッジャー・バンクで産卵します。ノルウェー春季抱卵ニシンは2月から3月にかけて産卵し、秋が最高になります。一方、北海ニシンの最良の漁期はノルウェー沿岸にやってくる夏です。

ノルウェー春季抱卵ニシン

Premium catch period for Norwegian spring spawning herring
Catch areas for Norwegian spring spawning herring

北海ニシン

The premium catch period for North Sea herring
Main catch areas for North Sea herring

ニシンは季節性であり、オランダでは“maatjes”(マーチェス)の到来を祭りで祝います。

その年最初の漁獲を女王様に献上するほどです。

漁業の伝統

ノルウェー人は何世紀にもわたってニシン漁をしてきましたので、その工程が芸術の域に達していても不思議ではありません。最新の電子式ソナーを使い魚の位置を特定すると、熟練した漁師たちがこれを捕獲する作業に入ります。最もよく使われている方法が巾着網漁法です。大きな網で円を描くようにセットし、魚を群れごと囲い込みます。ワイヤーを引くと巾着が締まり、開口部が下がります。こうすると、漁師が魚を船に引き上げやすくなるのです。

私たちの漁船団は最新技術の全てを装備しており、獲れた魚は数分のうちに摂氏0度に冷却されます。2015年にノルウェーは、22万メトリックトンのニシンを輸出し、大西洋ニシンの最大の輸出国となりました。いろいろと人気の高いノルウェー産ニシンの製品のうち、最大の輸出量を誇るのが冷凍のホール(全体)、フィレ(切り身)やフラップ、それにマリネです。 

ニシンがどのようにして世界中に行き渡っているかについては、専用のマーケットのページをご参照ください。.